お問い合わせは随時受け付けております

ブログ 年金

誕生月に届くハガキの「年金定期便」は取っておくべき?書類が不要と思うなら電子版があります。

2020年12月8日

誕生月に届く年金定期便は取っておくべき?と、迷ったことはないでしょうか?書類を増やしたくないと思うなら電子版があります。

 

ねんきん定期便

毎年、誕生月に「ねんきん定期便」が届きます。

着圧式のハガキで、開くとこれまでの納付期間や貰える年金額などが記載してあります。内容を確認した後、このハガキ取っておくべきか?処分していいのかと迷いませんか?

 

書類を取っておけるなら、次の定期便が来るまでの1年間、保存しておくといいと思います。ちょっと年金のことを確認したいと思う時に慌てないためです。

 

けれど、書類自体増やしたくない場合もありますね。その場合は「ねんきん定期便」の電子版を利用してはいかがでしょうか?

 

電子版「ねんきん定期便」

電子版「ねんきん定期便」は、日本年金機構の「ねんきんネット」にID登録することで見られるようになります。

 

ねんきん定期便がPDFファイルになってダウンロードできるので、自分のパソコンに保存しておくことができます。

 

サイト内でハガキ版郵送停止の手続きもしておくことで、書類がなくなり問題解決です。

 

ねんきんネットでできること

ねんきんネットでは、電子版「ねんきん定期便」の閲覧、ダウンロード以外にもできることがあります。

 

・自身の年金記録の確認

・将来の年金見込み額の確認

・日本年金機構から郵送された各種通知書の確認など

 

ID登録が必要です

登録するには基礎年金番号と、ハガキ版「ねんきん定期便」の中にあるアクセスキーが必要になります。

 

アクセスキーは、ハガキ版「ねんきん定期便」が届いてから3ヶ月が有効期間です。アクセスキーがあるとスムースに登録が進みます。

 

アクセスキーが無い場合は、申し込み後、日本年金機構からの郵便を待つことになるので少し時間がかかります。

 

ねんきんネットの登録が急ぎでない場合は、ハガキの「ねんきん定期便」が届いてからでもいいかもしれません。

 

まとめ

年金だけでは生活できないなどと言われていますが、それでも年金は頼りになる存在です。自分の年金のことが詳しく分かると安心できますね。

 

ハガキの「ねんきん定期便」は次の定期便が届く1年後までは取っておいた方がいいと思います。けれど書類を減らしたいのであれば、電子版「ねんきん定期便」の利用がお勧めです。

 

 

ねんきんネット☟

https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

 

 

**無料メール講座もあります**

「55歳からでも間に合う自分資産形成」写真をタップしてください☟

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森悦子

ファイナンシャルプランナー。 「何かやらないといけない、けど何から始めたらいいのか分からない」と思っている同世代の女性が、お金の知識を身に着け自分自身の老後資産を築けるようになってほしいとの想いで、N-1ゼミ®Womanを主宰する。 「低リスクの投資をしながら、優雅に過ごすシニアマダム」の育成を目指す。

-ブログ, 年金

© 2021 ファイナンシャルプランナー 森悦子